プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

冨士見のスタッフによるブログ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

萬年橋

隅田川の橋シリーズ第4回め。

今回ご紹介する「萬年橋」は正確にいうと隅田川に架かっている橋ではありません。「冨士見」の屋形船コースでいくと、前回ご紹介した清洲橋をくぐった右手に見える、隅田川に合流する小名木川に架かる橋になります。

江東区の常盤一丁目と清澄一丁目を結んでおり、すぐ近くには「芭蕉庵跡」があります。江戸の昔からきれいな虹型アーチをした橋として有名で、葛飾北斎・富嶽三十六景のなかでは「深川萬年橋下」として、歌川広重・名所江戸百景のなかでは「深川萬年橋」として描かれています。

葛飾北斎のエッセンスが随所に散りばめられた冨士見の「北斎」号に乗ってこの景色をご覧になれば・・江戸の香りを感じられるかも?


ところでこちらの橋のライトアップ、実はつい最近始まったばかりなんです。
江東区の景観整備の一環として、2009年3/27~スタートしました。
照明デザイナーは永代橋(第1回めに紹介)のライトアップや東京タワー・レインボーブリッジの照明でもおなじみの石井幹子さん。
松尾芭蕉ゆかりの地ということで、橋のアーチ部分は「俳句」にちなみ点灯する明かりの数が5個、7個、5個というパターンを30分おきに繰り返す仕掛けになっています。心憎いですね。
運良く点灯が変わるときに立ち会えればラッキーですが、そうじゃなかった方はこのあたりを萬年橋までお散歩してはいかがでしょう?
ライトアップ自体はシンプルに見えますが、実際に橋を渡ると「光の天蓋」に包まれているような雰囲気が味わえるそうです。

屋形船はお昼に乗船し爽やかな風を満喫、夜は先ほどの余韻に浸りながら隅田川を行き交う屋形船を陸から眺める・・なんて楽しみ方もオススメです。

2009年5月30日 (土)

「いっそくごしき」

「いっそくごしき」
一瞬・・・?となってしまったこの言葉。

本日の釣果を船長に質問している際の「数は?」に対する答えだったのですが・・・

あ~あ!そうか。
「1束5匹」ですね!!

1束は100(匹)、つまり今日の釣果は(最高)105匹!ってことです。

「匹」が江戸っ子なまりで「しき」になっていたのでさらによく分からなくなってしまってました(笑)

それにしても今日の釣果、ナカナカです。
竿頭(サオガシラ=その日一番釣った人)は板橋区の石川さん。
「冨士見」の常連さんなのですが、雨でも来た甲斐があったと満足げに帰っていかれました。しばらくはキス三昧ですね♪

ちなみに場所は本日は「長浦沖」。
中ノ瀬→富津沖→木更津沖→盤洲沖→長浦沖とだんだん内湾に入ってきているんですね。
乗合船は予約なしで気軽に乗れますので、思い立ったら早起きして来てみませんか?


真っ黒に日焼けしたマサオ船長

2009年5月29日 (金)

癒し系

今日は、とても平和な光景を話したいと思います(^^♪
実は冨士見では、とある動物を飼っております(●^o^●)それは...スズメです!!って言っても飼ってると言うより、餌付けしたんですけどね(^_^;)
実は5代目は小動物が大好きで、よくスズメに餌をあげているのです(^O^)
その為スズメは5代目が姿を現しただけで近付いて来て、餌くれと催促するようにピーピーと泣いています(^-^)
しかもスズメの餌置き場まで作ってしまいました(笑)でも、とても和む光景なので癒されますよ(#^.^#)今日の写真は餌を食べているスズメと餌置き場を撮りました♪皆さんも癒されて下さい(*^_^*)

2009年5月28日 (木)

お片付けッ♪♪♪ パートⅡ

今日の冨士見は乗り合いも休みで屋形の予約も入ってないので、とても平和な日々を過ごしております(^o^)ただし地下室は別ですが(・・;)前回、日記で紹介した地下室ですが本格的に整理整頓をやっております。前回は棚を入れて荷物を整理せずに入れてしまった為、どこに何が入ってるか分からない状況になってしまいました(~_~;)なので今日は皆さん集めて整理整頓の日になのです(^^♪皆さんの家などは大丈夫ですか?

2009年5月27日 (水)

大相撲

みなさん、ご覧になってますか?

今でこそ「両国」が本場ですが、ここ冨士見の最寄り駅でもある「門前仲町」は江戸勧進相撲の発祥の地で、富岡八幡宮の境内ではしばしば本場所も開催されていたそうです。いまでも相撲にまつわる数々の石碑が残ってるんですよ。

両国にはおよびませんが「ちゃんこ」やさんも何軒かあるし、相撲部屋もけっこうあるのでたまにお相撲さんのタマゴに出会ったりします☆

皆さま「冨士見」に来ていただく際にはぜひこの周辺もぶらついてみてください。八幡様やお不動様はもちろん、ちょこっと入った路地裏に思わぬ発見があったりしてとっても素敵な町ですよ♪

2009年5月26日 (火)

納涼船で「粋」な夏♪

今日はなんだかすっかり夏!?というような陽気でしたね。

本日は釣り船も定休日で屋形も入っていないのでお店自体はのんびりしていましたが、納涼船のご予約・お問い合わせが多かったです。

夏の納涼屋形船といえば江戸時代から親しまれてきたものです。
もちろん現在の屋形船のように大人数で乗れるようなものではありませんでしたが・・

この浮世絵は両国橋の近くに納涼屋形船を停泊して花火観賞を楽しむ様子を描いたものです。こうして見ると多少かたちは違えど「やっぱり日本人だなぁ・・」という気分になります。DNAが脈々と受け継がれているとでもいうんでしょうか・・

DNAの仕業かはわかりませんが暑くなるにつれ皆さんの気持ちが「夏」に向かっていっている気がします。
今年はこの浮世絵のように水上の屋形船から花火観賞なんていかがでしょう?
わずかですが8/4(火)江東花火大会・8/8(土)東京湾大華火祭の船に空きがございます(キャンセルが出たため特別に受付中です)。我こそは!という方はお早めにお問い合わせくださいね。お待ちしております♪

2009年5月25日 (月)

クラゲ

今回はクラゲについて語りたいと思います(^o^)この時期なるとクラゲがウヨウヨと大量発生?します(~_~;)何でかは分かりませんが...(・・;)

今回ご紹介するクラゲについて、前回とても面白い出来事がありました。実は毎年発生するクラゲは2種類おります。その内の1種類は普通のクラゲなのですが、もう1種類のクラゲが要注意なのです(;一_一)

実は今回ご紹介するクラゲは、足の部分を触るとビリビリと痺れてしまう毒を持っているのです!!そのクラゲは足が赤いのですが、その赤い部分に毒があるそうです(+_+)

そこに触れるとビリビリと痺れしまう危ないクラゲなのですが、ある乗り合いに来たお客様が、その部分に触れても大丈夫な方が居ました(+o+)正直ビックリしました!!普通なら毒にやられちゃうんですがねぇ(-_-;)そんな不思議な事がありました(・o・)

写真は普通のクラゲです(^^♪

2009年5月24日 (日)

シロギスの釣れる日

今日は久しぶりに天気が悪かったですね。

しかし「冨士見」では本日は仕立てが2隻、乗り合いが1隻、ちゃあんと出船しておりました。
仕立てのほうは早めに引き揚げてきましたが・・
がしかし、いずれの船もなかなかの釣果だったようです。

さきほど船長に聞いたのですが、シロギスは潮色が「澄み」のときよりも「薄濁り~濁り」のときのほうがよく獲れるのだそうです。ちなみに今日は「薄濁り」。おそらく潮色は水温が関係しているのではないかということらしいのですが・・(「澄み」のときはちょっと温度が低い)

ま、とにもかくにもこれからシロギスの好シーズンに入ります♪
今後は獲れたシロギスの美味しい食べ方なんかもご紹介していきたいと思います☆

2009年5月23日 (土)

清洲橋

隅田川に架かる橋シリーズ第3弾!

今日ご紹介するのは江東区は清澄から中央区日本橋に架かる「清洲橋」です。
ピンク色のライトアップが印象的ですよね。
ライトアップの光が映り込んで水面もピンク色に染まってます。

この清洲橋は1回めにご紹介した「永代橋」が青色の男性的な橋だったので、対照的な女性っぽい橋にしたのだそうです。カタチもどことなく線が細くて華奢な雰囲気です。

ちなみに「冨士見」の屋形船はこの清洲橋をくぐると右側に「芭蕉出発の地」の記念碑を見て、新大橋の手前でUターンして深川に戻ってきます。

本日「冨士見」では屋形船が4隻出ます。
4隻の屋形船がこの橋の下を通過するわけですね☆

2009年5月22日 (金)

豚めぇぇぇ(--〆)

豚インフルエンザの影響は大きいですね(;一_一)今日の午前中、冨士見に速達でお寺の集まりが中止になったというハガキが来ました(@_@)内容は、役所が豚インフルエンザの拡大を防ぐ為に集会などは中止しなさいと言う命令が来たようです(^_-)-☆
人が集まる場所は注意しなきゃならない始末(・・;)でも予防する為のマスクは何処も売れ切れ(+_+)花火大会が中心にならない事を祈ります(>_<)
でも予想では何か来月には治まってそうな感じもするけど、どんなるんでしょうねぇ(~_~;)心配だわぁ(T_T)/~~~

深川冨士見