プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

冨士見のスタッフによるブログ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

今日で1年も半分おわり・・・

気付いてましたか?

明日から2009年も後半に入るんですよね。ほんっと時が経つのは早いです・・

きのうのブログでもお知らせしましたが、お陰さまでたくさんの方からアルバイト応募のお電話をいただいております。
どんな方が新しい仲間に入ってくるのか私たちスタッフも楽しみにしております♪


今日の1枚は以前もご紹介しました「冨士見」で餌付けしているスズメちゃんです。写真に写っているのが餌の箱。けっこうな量を入れておいてもいつの間にかすっかり完食されてしまって私たちも驚いています☆
このように奪い合いながら食べてま~す。

2009年6月29日 (月)

☆アルバイト☆

今日の冨士見は、お天気が良かったのに乗合は休みでした(@_@。天気が良い日でも休みってあるんだなと思いました(;一_一)その変わり屋形は一隻ですが予約が入っていたので良かったです(^-^)

話は変わりますが、冨士見ではタウンワークにアルバイト募集の情報を載せました!(^^)!
そのせいか今日はアルバイトに関する問い合わせが多数あった為、結構バタバタしていました(@_@;)

ちなみに冨士見は、昔から代々続いてる屋形になりますので親族付き合いが凄く多いんですよ(^O^)
しかも仕事場で知り合って結婚に至ったりなど恋話も多数あったりします(*^_^*)

凄くアットホームで楽しい仕事場なので是非バイトの問い合わせは冨士見にお願い致しますm(_ _)m

2009年6月28日 (日)

新大橋

隅田川の橋、第7弾☆

今回は「冨士見」のコースでいくと清洲橋をくぐった後、くぐらずに手前で引き返してくる橋、「新大橋」をご紹介します。

西は中央区の浜町、東は江東区の新大橋をつなぐこの橋の歴史は古く、いちばん初めに架けられたのは元禄6年、当時「大橋」とよばれていた両国橋に続く橋として「新大橋」と名付けられました。
芭蕉の歌や広重の浮世絵にも登場します。
またこの新大橋は関東大震災や東京大空襲の際にも付近の橋がことごとく焼け落ちる中で唯一被災せず、避難の道として多くの人を救ったため、「人助け橋」「お助け橋」と称されているのだそうです。

何度も架け直されているこの橋ですが、現在の姿になったのは昭和52年。ライトアップされたオレンジ色が印象的な橋です。
なお明治45年に架けられたものは、アールヌーボー調の高欄に白い花崗岩の親柱など特色あるデザインが貴重な建築物として、現在明治村の博物館に部分的に移築されて保存されています。

一時は幕府財政が窮地に陥り廃橋が決定、その存続が危ぶまれたときもありましたが、町民衆の嘆願により橋梁維持に伴う諸経費を町方が全て負担することを条件に存続を許されました。
そんな歴史を考えながら眺めると、なんだか感慨深いものを感じます。皆様も隅田川に架かる橋を眺めるときにはただ単にキレイなライトアップだけに目を奪われるのではなく、その橋が内包する歴史、例えば橋を自分達の力で守り抜いた江戸時代の町民衆に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。また別の楽しみ方が出来るかと思います☆

2009年6月27日 (土)

獲れたてホヤホヤ

今日は夏が来たような暑さでしたね!
本日の乗合船は19名様。木更津沖まで出て行って、釣果もなかなかだったようです。

とっても天気が良かったのでマサオ船長はさらに黒さを増し、色白のスタッフは真っ赤になって帰ってきました。
マサオ船長は「俺もしやけどめ(日焼け止め)塗らなきゃかな!」と言っていましたがもう吸収する身体が出来ているので必要なさそうです・・・
太陽に慣れていないお客様はこれからの季節は日焼け対策はしっかりとしてきてくださいね。



さて、獲れたてホヤホヤのシロギスをマサオ船長とスタッフ(こちらもいい色に焼けているトドウ君です!)がさばいていました。1人目が鱗を取り頭を落して、2人目が内臓を取り出し骨を取りおろしていく・・・実に手際よくさばいていきます。

このシロギスちゃんたちは後で船の中で天ぷらになる予定・・・☆


最後にマサオ船長とスタッフから伝言です。
「ビギナーでもぽんぽん釣れるから気軽に来てくださ~い♪」
とのこと。
よろしくお願いいたします。

2009年6月26日 (金)

マイケル・ジャクソン

まさかまさかの突然のマイケル・ジャクソンさんの急死が報じられました!!もうテレビや新聞、インターネットは1日中マイケルさんの話でした(+o+)

でも50歳で亡くなるのは早いですよねぇ(~_~;)まだまだ、これからも活躍出来るホップス界の大スターなのに...(@_@。

でもマイケルさんの場合、色んな病気や精神病に悩まされていたので仕方ないのかな言う思いもあります。

しかも整形した部分が体中に感染して治療中と言う話もありました。やはり整形は体に良くないのが改めて分かりました。皆さんも親から貰った体は大事にしましょう!!

とにかくマイケル・ジャクソンさんのご冥福をお祈り致します。

2009年6月25日 (木)

元気な子供達(^O^)

今日は、久々に朝から晴れて洗濯日和になりました(^-^)
乗合の方達も日焼けして帰って来ました!(^^)!ですが屋形の方は本日なかったので冨士見は静かでした(~_~;)しか~し夕方になり6代目の姪っ子が登場して一気に冨士見は賑やかになりました\(^o^)/
小学1年生の女の子ですが、元気で凄く可愛い子なんですよ(*^_^*)やっぱり子供は元気が1番ですね(^o^)この後に6代目の甥っ子も来るので、更に賑やかになる予定(笑)この後が楽しみです(^^♪

2009年6月24日 (水)

梅雨の晴れ間に・・・

へんな天気が続いてますね。

今日も午前中ザーザー降ってたかと思うと午後には陽が射してきました。
大雨で釣りの乗合船が欠航、屋形の予約もはいっていない「冨士見」ではの~んびりとした午後の空気が漂ってました。

というわけで午前中に大活躍した傘たちも午後にはお店の前のベンチで日光浴・・・というか日干し・・・というか。
今日屋形が入ってたらいい気候だったのになぁ、と思ってしまいました。

ま、天気だけはどうにもならないので。皆様!日頃の行いに気をつけましょうね♪

2009年6月23日 (火)

沖縄慰霊の日

テレビでご覧になった方も多いかと思いますが、本日は1945年6月23日に沖縄戦における組織的な戦闘が終結したことから「沖縄慰霊の日」になっています。「ひめゆりの塔」の女学生たちのお話は有名ですよね。

ここ「冨士見」のある東京の下町・深川地区も1945年3月10日に東京大空襲でひどい被害を受けました。

今このような心配をすることなく平和に過ごせる毎日に感謝しつつ、同じ空の下で今でも空襲やゲリラに怯える毎日を過ごす人たちを忘れないようにしたいものです。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

2009年6月22日 (月)

本日の釣果☆

皆さん、お元気ですか?この梅雨でジメジメして嫌な日ですが、こんな日でも乗合は出ております(^^♪ しかも雨が酷くなっても、いつも通りの時間に船は帰って来ました!(^^)!って言っても雨は3時近くから降り始めたので最後まで釣りは楽しめたようです(^o^)
でも今日の釣果は、あまり良くなかったのですが型が良かったのでお客さんは満足して帰ったので良かったです(●^o^●)
まだ体験されてない方も体験されている方も、御家族や友達と一緒に冨士見の乗合をご利用下さい(*^_^*)お問合せお待ちしております\(^o^)/

2009年6月21日 (日)

ビジット・ジャパン・キャンペーン

『ビジット・ジャパン・キャンペーン』というのを皆さんご存知ですか?

2010年に日本に訪れる外国人旅行者数を1,000万人とするとの目標に向け、日本の観光魅力を海外に発信するとともに日本への魅力的な旅行商品の造成等を官民一体で行う、というキャンペーンなんですが・・・。

江戸時代から続く日本の伝統的な舟遊びである屋形船。
これはぜひとも外国から来た方にも体験していただきたい!ということで「冨士見」でもこのキャンペーンに参加することにいたしました。
といっても特になにかするわけではないんですが・・・このキャンペーンのロゴを掲げることによって外国からいらした方が少しでも乗ってみようかな?乗ってみたいなと思ってくださればいいなあと思って今準備をしております。
準備がととのいましたら今後は「冨士見」のホームページやパンフレット、送迎バスなどいろいろなところで目にする機会も多くなるかと思います♪

江戸時代には数人程度を乗せて走っていた屋形船もすっかり大型化し、今や100人以上のお客様にも対応出来るようになりました。

当店の「北斎」号は最大120名様(着席時)までご乗車いただけます。写真みていただいてもおわかりいただけるかと思いますが大きいですよね!


もうひとつのお座敷は12号、30名様程度のお客様に最適な小型の屋形船になります。「北斎」のような最新型のお船はもちろん魅力的ですが、こちらのような昔ながら~の雰囲気を残した屋形船もいいですよね☆

ビジット・ジャパン・キャンペーンを通して日本の「屋形船」という文化がもっと多くの人に知られるといいなぁと思います。


深川冨士見