プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

冨士見のスタッフによるブログ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

器/道具 Feed

2010年6月30日 (水)

oshibori

販売促進ではないのですけれど、
おしぼりをコンパクトにどこでも持ち運べるエコMYおしぼりnotes

船の上で釣りの際、簡単に落せないその手のsweat01
魚のヌルdespair、エサの臭みsadさっとおとすMYおしぼりpenguinship
とても便利crown
オススメ スノーピーク

2009年8月30日 (日)

「深川万年橋下」

言わずと知れた葛飾北斎の富嶽三十六景。そのなかの1枚がこの「深川万年橋下」。9月から「北斎」で使っているランチョンマットがこれに切り替わります☆

屋形船のルートでも通りかかる萬年橋。
江戸時代に葛飾北斎が浮世絵に描いた「万年橋」と同じ橋です。
もちろん昔のように木製の橋ではありませんし、方向も逆になりますが(お船は隅田川から東を臨む、北斎の絵は小名木川から西を臨む)、きれいなアーチ型など昔を彷彿させる特徴も残っています。

この新しいランチョンマットを見て、昔から大川として親しまれている隅田川から橋を眺め、江戸時代に思いを馳せていただければと思いこれを作成しました。お客様が少しでも喜んでいただけたら幸いです。
ちなみに使っている絵はアダチ版画研究所の版権を買い取って使用している本格派です♪これから北斎号に乗る予定のある方はちょっとだけ楽しみにしていてくださいね。

2009年6月 7日 (日)

De'longhi(デロンギ)

こんにちは。六代目です。

今日は最近ウチにやって来た「エスプレッソメーカー」をご紹介します!


cafeDe'Longhi製コンビコーヒーメーカー(Mod.BCO261N-W)

「えっ?何それ?」って方も多いですよね...。
文の最後に用語解説も付けておきましたので、
分からない方はそちらを見ながら読んで下さい。(^^;

メーカーは拘りの「De'Longhi(デロンギ)」!
フォームミルクを作るノズルも付いているので
カプチーノも簡単に出来ちゃいます。

フォームミルクを作る時の
「きゅるるるる、ぷちぷちぷち、しょ~」
という音を聞きながらミルクジャグの温度変化を手で確かめていると
心は「なんちゃってバリスタ」の世界に突入!(--〆)

そして仕上げの「デザインカプチーノ」!
これが意外と難しい...。極限まで集中力を高めて臨みます。(一_一;)
最近、3回に一回くらいの割合でハートが描けるようになってきました!

こうして出来たカプチーノを飲んでいる時は至福の時間。( ̄ー ̄ )♪
癒されます♪


ハートのデザインカプチーノheart01最近描けるようになってきましたnote
ミルクジャグもDe'Longhi製。これでyen6300円とチョット高い気が…。
カップにもミルクジャグにもDe'Longhiのロゴが光ってますsign01
とりあえず形から入ってみましたcoldsweats01

*用語解説*
エスプレッソメーカー:エスプレッソを抽出する機械(写真:上)
エスプレッソ:濃いコーヒー。少ない量で高い満足感が得られる。名前は「急行電車(エクスプレス)」に由来。
フォームミルク:泡立てたミルク。
カプチーノ:エスプレッソにフォームミルクを合わせたもの。(写真:下左)
ミルクジャグ:ミルクを入れる道具。(写真:下右)
バリスタ:コーヒーを入れる人。イタリアでは職業として成立している。
デザインカプチーノ:カプチーノの泡の上に絵を描く事。
De'Longhi(デロンギ):イタリアのメーカー。

深川冨士見